誰でもかかる心の病気

医者

無理しすぎは禁物

『知らないものは怖い』というのは人間の性質といわれていますが、病気に関しても同じことがいえます。とくにうつ病のようにメンタルヘルスといわれている類のものは、目で見ることもできませんしより不安に感じるでしょう。しかし、それほど特別な病気ではなく、治療すれば治るので怖がる必要はありません。うつ病の特徴ですが、そもそも病気になる原因は脳からの神経伝達物質の分泌量が経ることといわれています。つまり、脳からの伝達がうまくいかないために悲しい気持ちになったり、睡眠や食事などが今までのようにできなくなったりするのがうつという病気の特徴です。分泌量が減る原因は色々ありますが、ストレスや疲れなどが主な要因と言われています。そのため心の病気と言われることもありますが、確かに心のストレスや負担を減らさなければうつは治りません。あまりにもひどい場合には入院治療が必要になることもありますが、大抵の場合は薬の服用とカウンセリングが中心となるでしょう。とはいえ、精神的に落ち込んでしまい自傷行為に及ぶような場合には入院しての治療の方が望ましいといわれることもあるため、医師と相談して決めることをオススメします。誰でも掛かる可能性のある病気ですが、だからこそ周囲の理解と自分自身を責めずに病気と向き合うことも大切です。うつになる人はマジメで責任感が強い傾向にあるといわれるため、病気になった自分を認められないこともあります。「誰でも病気になる」と考え、必要以上に自分を責めないことも治療の上では必要です。薬をのむこともうつ病を治す上では大切ですが、他にもいくつかの注意点があります。やはりストレスや負担はうつをより悪化させてしまいますから、こうしたものを感じないよう日頃の生活をすごす必要があるでしょう。人によっては家にいると色々考えてしまうため、入院するほうがよりくつろげるというケースもあるようです。とはいえ、入院は別途費用もかかるので、家そのものがストレスと感じる人や家族と離れたい場合以外は家での治療を続けても良いかもしれません。それから、人によっては“薬をのみたくない”と思う人もいるようですが、うつの場合は薬を継続的に服用する必要があります。途中で辞めてしまったり、量を勝手に増減したりすると余計に症状が悪化することもあるので注意しましょう。周囲にも配慮が必要だということは、ご存知でしょうか。「早く良くなってね」という言葉は“早く良くならなければいけない”と思わせたり“今うつであることがいけないことだ”と思わせたりしてしまう可能性があるため避けるべきでしょう。といっても、身内や親しい人間が病気になると心を痛めたり気にかけたりすることも多く、ストレスになりかねません。心配しすぎても自分が疲れてしまうということを踏まえて、自分自身がまず健康でいることを意識します。お互いに無理なく過ごせる環境づくりを意識して、手を抜けるところは手を抜き、お互いのミスや間違いは許すという寛容な意識も大切です。うつ病を治療する方法は入院や服薬だけでなく、こうした環境を整えることも含まれるということを覚えておきましょう。

男性

着実な治療の道筋

うつ病の治療では、必要に応じて迷わず入院することが大切です。入院をためらい症状を長引かせると、本人はもちろん、家族など周囲の人もつらい期間が長引くだけです。適切な病院を探し早く入院してじっくり治療に取り組むことがとても大切です。

詳しく見る

カウンセリング

心と体をしっかり治そう

うつ病を発症してしまった場合、入院しての治療になる場合もあります。自宅で休める環境が無い人や、症状が深刻で1人にしておくことが危険な場合など、入院をして適切な治療を受けます。心と体の両方をきちんと治療し、少しでも早く症状を改善しましょう。

詳しく見る

女性

利用するためのポイント

うつ病の入院では患者さんの任意の場合と、その家族や後見人の同意、または行政の指示による強制的な入院の2パターンがあります。費用総額は10万円程度からが相場と考えられ、重点的な治療が行えるのが特徴です。

詳しく見る

Copyright© 2018 入院治療でうつ病を克服!【うつ病を治療する方法】 All Rights Reserved.