利用するためのポイント

女性

どのようなものなのか

うつ病の治療を始めると、ベッドの設備がある病院やクリニックでは入院を勧められるケースがあります。また、場合によっては強制措置としての場合もあるので、大きく分けると2つのパターンがあると言えるでしょう。前者の場合には、自宅療養では良好な治療が望めないときなどに、医師の方から勧められる形になります。自殺願望があるときや24時間の経過観察が好ましい場合に多いようです。このケースでは前もって病棟を見せてもらったり、具体的な治療方針を相談したりしてから決めることが可能となります。あくまでも任意ですから、自身の判断で望むかどうかを決めることができる、ソフトな方法と言えるでしょう。他方、強制措置としての場合は、本人の任意に基づくものではありません。幾つかのパターンがありますが、家族又は後見人や保佐人の同意によるケースや、行政的な指令に基づく措置としての入院があります。以前までは家族の同意が必要だったのですが、法改正によって後見人や保佐人にも同意の権利が与えられているので、より柔軟な制度になったと言えるでしょう。入院した後の治療内容は、これはうつ病の症状によって個別具体的に考える必要はあるものの、基本的に通院の場合よりも手厚いケアを受けられるのは特徴となります。医師や看護婦が定期的に巡回しつつ、状態をしっかりと観察して治療方針を修正して行きますので、週一度の通院よりも早くて適切な処置を行いやすいのは特徴となるはずです。しかし病院で過ごすことがストレスになるケースもあるので、最終的には入院治療が患者さんに合うか、合わないかも重要なポイントになるかも知れません。うつ病で入院となった場合には、入院費用が必要になってきますが、これは治療に欠かせない支出と同時に、身の回りのケアや衛生面での出費も考えて置くことが必要です。基本的に病院では一切合切をまとめて費用請求してくるわけではありません。冷蔵庫や選択の他に必要衣類は別請求となることが一般的となっています。まず、うつ病に関しての診療費用は、病院やクリニックによっても変わってきますが、一日で2,000円程度からが相場になってくると考えられるでしょう。一月あたりですと60,000円ほどになります。これを基本として、例えば他人数ではなくて二人部屋だったらもう少し高くなりますし、個室を用意すると5,000円程度は必要になるケースもあります。クオリティーなどによって更に高いお部屋はあるので、できるだけ快適な生活を考える場合には、多めの支出も選択肢になるのではないでしょうか。上記の部屋代を基礎に、食事代やテレビ料金、洗濯費用などが発生します。一般的には食事は一月あたり15,000円程度と考えておくと良いでしょう。他にもカットなどの費用がかかり、総合的には少なくとも一月あたり10万円ほどが、必要になってくるはずです。評判については色々なものがあり、入院で重点的に治療したことによってうつ病が早く回復されたケースでは、喜びの声も見当たります。また、家族では手に負えなくなった場合は、措置入院は大きな助けになっているようです。費用面はネックですが、近年は短期入院が可能な医院も見られるので、選択肢は増えてきたと言えるでしょう。

Copyright© 2018 入院治療でうつ病を克服!【うつ病を治療する方法】 All Rights Reserved.